Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/users/2/hirokatsu/web/kaeruhouse/web/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 825
多脾症 | カエルハウスブログ

カエルハウスブログ

家庭菜園

こんにちは。木村です。

先日このブログでお野菜洗いの記事をアップしましたが、今回はその続きです。

私たち親子!ミニトマトの栽培始めちゃいました!!

お野菜を洗った時に、お水が濁っていたのを見て

野菜1IMG_0263野菜2IMG_0264野菜3IMG_0267

 

 

息子が大好きなミニトマトだから、安全なものを食べさせたい!と思い、

思い立ったが吉日で、早速栽培を始めました!

IMG_0366

 

苗の状態で我が家にやってきたミニトマト。玄関前で育てています。

1日1回の水やり。ぐんぐん成長していき、今では50cmまで伸びました。

 

息子は生まれつき先天性心疾患(多脾症、両大血管右室起始、総肺静脈還流異常)

という病気のため、食が細く、1回1回の食事でできるだけ栄養が豊富なメニューにしたいと

あれこれ工夫しています。

農薬や化学肥料を一切使用してない天然そのもののトマト。

一緒に育てたミニトマトはとても美味しいと、ご機嫌でいてくれます。

息子の笑顔が私の生きる力となっています。

 

息子のために開発した点滴したまま着がえるパジャマ。

息子が病気だったから開発できました。

世の中に当然あるだろうと思っていた点滴しながらも着替えられるパジャマが、

探してみたら実は市場にほとんどなくて、私の悩みは一般的ではないことを知りました。

それでも同じように困っている人が絶対にいるはずだと奮起して、入退院を繰り返す息子の

体調に合わせての開発で、4年もの年月がかかりましたがやっと販売に至る事ができました。

_CKP2628

 

私と息子の絆とも言えるこのパジャマがさらに広がって必要な人の元へ届いて欲しいと

願います。

皆さんもこのパジャマのことを頭の片隅に置いていただけたら嬉しいです。

 

便利に変える🐸楽に着がえる🐸お家に帰る🐸

カエルハウスショップでは入院・介護に便利な

点滴したまま着がえるパジャマを販売しています。

カエルハウスショップ

カエルハウスFacebook

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

病気 看護 育児

病院、介護施設へお嫁に☆

こんにちは。 木村です。

 

もともと先天性心疾患(多脾症、両大血管右室起始、総肺静脈還流異常の息子のために作りたいと思ったこのパジャマがたくさんの人の役に立てるのではないか?と考え、開発に入りました。

どちらかというと作り出すことはできても、それをどのように販売していけば良いのか?そういう方面はめっぽう弱く、周りの方のご協力を経てこの春にこの点滴したまま着替えるパジャマの販売を開始し、少しずつ動きが出てきました。

インスタグラムやフェイスブックページ、ブログなどを中心に積極的にパジャマ開発秘話などを掲載しているのですが、それが医療関係の方の目に止まり、お問合せをくださり、最終的には子供用パジャマを何セットも病院がお買い求めくださいました。

_CKP2641

 

私が、息子の入院の付き添いの時にこんなパジャマがあればなぁと思い描いたこの「点滴したまま着替えるパジャマ」が実際に病院で役にたてているなんて、本当に夢のようです。

 

さらには大人用が介護施設へお嫁に行きました。

Img12359

 

このパジャマは両袖、両脇がダブルオープンファスナーになっているため、上からでも下からでも開き、着替えをさせるのに手間がかかりません。

 

_CKP2979

また袖元にはファスナーカバーを、内側には持ち出しをつけているため、お肌を金具や金属で傷つける心配がありません。

私は大人の介護経験は少ししかありませんが、体の小さな子供の着替えをさせるのもなかなか大変なので、大人の場合は身長や体重も子供とは違うし、麻痺などがある方もいらっしゃるだろうし、着替えさせるのは本当に大変だろうなと察します。

 

このパジャマが実際に介護をされている人のお役に立てていたら、嬉しいです。

 

私が息子のために開発したこのパジャマを沢山の人に知ってもらい、一人でも必要な方の元へこのパジャマが届きますように。

 

便利に変える🐸楽に着がえる🐸お家に帰る🐸
カエルハウスショップでは入院・介護に便利な
点滴したまま着がえるパジャマを販売しています。
カエルハウスショップ
カエルハウスFacebook

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

お知らせ 介護 病気 看護 育児

国立科学博物館へ

こんにちは。木村です。

先日、突然息子が恐竜が見たいと言いだしました。調べてみたら上野にある「国立科学博物館」に世界一保存状態の良いトリケラトプスの化石があるとのことで、早速息子と出かけてきました。

IMG_0354 

息子は先天性心疾患(多脾症、両大血管右室起始、総肺静脈還流異常)という病気のため、同じ年齢の子供さんより少し体が小さいです。体力もそれほどありません。5歳になった今でも、お出かけの時はいまだにベビーカーを持って行こうかと悩んでしまいます。それでも最近はだいぶ体力もついてきたので私もほとんどベビーカーを持ったずに出かけられるようになりました。みんなより少し遅いけど、確実に成長していってくれて嬉しいです。

 

恐竜を見て大興奮の息子をよそに、私が目を奪われたのは

IMG_0355

 

牛の腸の長さ!

あの大きな体のほとんどが腸なの?と思ってしまうほど、長い!笑

あとあと調べてみると、牛の腸は40m で人間の5倍の長さだそうです。食べるものが違うだけで、腸の長さにこんなに大きな差があるなんて本当に面白いですね!消化しにくい草を食べてしっかりと消化するためにこの長さが必要なんですね。思わぬところで私も勉強になりました。

 

 

ところで同年代のお子さんを持つお母さんにお聞きしたいのですが、お子さんの写真を撮る時に工夫していることって何かありますか?もしいい案があるなら知りたい!!

snsなどを見ていると、5歳前後のお子さんが笑顔で写っているのを見かけます。それに比べて息子は写真を撮っていると周りが苦笑するほど昭和なポーズ。本人はめちゃめちゃかっこいいと思っています。(ライダーに変身して、恐竜と戦う設定です)

私はできればやめてほしいけど、本人は本気なので今のところ温かく見守るよりほかないみたいです 笑

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

病気 育児

大人な息子

こんにちは 木村晴子です。

先天性心疾患(多脾症、両大血管右室起始、総肺静脈還流異常)の息子は生後すぐから入退院をしながら、手術を繰り返しておりましたが、沢山の方に支えられ助けられながら、おかげさまで今日も元気に保育園に行きました 😀 

Img12507

ところで、皆さんは点滴や注射の針が刺さる瞬間を見ていられますか?

息子は3歳頃から注射で泣くことがなくなったうえに針が刺さる瞬間をいつも凝視しています。

定期的に採血したり点滴をしているから慣れているのかもしれませんね 🙂 

打って変わって大人なはずの私は怖くて見ていられません!その部分は息子の方がだいぶ大人ですね!笑

 

点滴の針が体に入ったままの時って、きっと不便がたくさんありますよね。着替えはもちろん、ご飯を食べるとき、寝るときだってそう。息子を見ていて、そう感じます。

「点滴したまま着がえるパジャマ」は着心地の良いダブルガーゼを使用し、入院中のいかなるシチュエーションにおいても、少しでも快適に過ごしてもらいたいと思っています。

_CKP2882

私も毎日自宅で着用していますが、梅雨特有のムシムシした夜でも着心地が良いダブルガーゼが吸収性の良さを発揮してくれて、とても快適に寝る事ができますよ! 😆 

 

カエルハウスショップでは入院・介護に便利な点滴したまま着替えるパジャマを販売しています。

便利に 変える🌈

楽に 着がえる👕👖

お家に 帰る🏡✳

カエルハウスショップ🐸

カエルハウス Facebook🐸

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

病気 育児

Top