カエルハウスブログ

国立科学博物館へ

こんにちは。木村です。

先日、突然息子が恐竜が見たいと言いだしました。調べてみたら上野にある「国立科学博物館」に世界一保存状態の良いトリケラトプスの化石があるとのことで、早速息子と出かけてきました。

IMG_0354 

息子は先天性心疾患(多脾症、両大血管右室起始、総肺静脈還流異常)という病気のため、同じ年齢の子供さんより少し体が小さいです。体力もそれほどありません。5歳になった今でも、お出かけの時はいまだにベビーカーを持って行こうかと悩んでしまいます。それでも最近はだいぶ体力もついてきたので私もほとんどベビーカーを持ったずに出かけられるようになりました。みんなより少し遅いけど、確実に成長していってくれて嬉しいです。

 

恐竜を見て大興奮の息子をよそに、私が目を奪われたのは

IMG_0355

 

牛の腸の長さ!

あの大きな体のほとんどが腸なの?と思ってしまうほど、長い!笑

あとあと調べてみると、牛の腸は40m で人間の5倍の長さだそうです。食べるものが違うだけで、腸の長さにこんなに大きな差があるなんて本当に面白いですね!消化しにくい草を食べてしっかりと消化するためにこの長さが必要なんですね。思わぬところで私も勉強になりました。

 

 

ところで同年代のお子さんを持つお母さんにお聞きしたいのですが、お子さんの写真を撮る時に工夫していることって何かありますか?もしいい案があるなら知りたい!!

snsなどを見ていると、5歳前後のお子さんが笑顔で写っているのを見かけます。それに比べて息子は写真を撮っていると周りが苦笑するほど昭和なポーズ。本人はめちゃめちゃかっこいいと思っています。(ライダーに変身して、恐竜と戦う設定です)

私はできればやめてほしいけど、本人は本気なので今のところ温かく見守るよりほかないみたいです 笑

 

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

病気 育児

コメントを残す





Top